PAGE
TOP
 

風俗専門税理士事務所税理士法人松本人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

オフィシャルサイト

37 view キャバクラ税理士脱税 キャバクラ 税理士 脱税
キャバクラ 税理士 脱税

キャバクラ経営は動くお金も決して少ない金額では無いので、中には節税という範疇ではなく脱税に手を染めてしまう経営者の方もいます。周りもやっているから、自分だけが真面目に申告していればバカをみるからなどその理由も様々ですが、税務署や国税はキャバクラなど繁華街を担当する通称ハンカと呼ばれる専門チームが調査しているので、驚くほど正確にお店の利益を把握しています。万が一脱税として摘発されてしまうと、重加算税などでお店が潰れることもありますが、ここではそうした事態を避けるための税理士に相談するメリットを見ていきましょう。

キャバクラで脱税を行っているケースとしては、売り上げの過少申告や経費の割増など様々な方法が考えられますが、中には全くの無申告のまま経営を続けているお店も珍しくはありません。こうした脱税状態が長く続けば続くほど税務処理が複雑になるので、結局取り返しがつかない状態になって、無申告の状態を続けている方も多いですが、キャバクラなどナイトワーク専門の税理士ならばそうした状態から適切な税務処理を行うことに長けているので、どうにもならない時にはプロに依頼することもおすすめします。

このようにキャバクラを経営する上ではどうしても考えないといけない税務処理ですが、マイナンバーなどの影響もあって、ますます取締りは厳しくなっています。適切に経費を申請、脱税ではなく節税を行えばそれほど大きな負担にならないことも多いので、無申告状態を続けいつ税務調査が入るか分からない状態で経営するよりも、ぜひプロに税理士に依頼して下さい。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

オフィシャルサイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読