PAGE
TOP
 

風俗専門税理士事務所税理士法人松本人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

オフィシャルサイト

102 view オナクラ税理士脱税 オナクラ 税理士 脱税
オナクラ 税理士 脱税

オナクラの経営者は業務に忙しく、税金についてはあまり意識しないものです。でも、税金について正しく納税しないと、後で脱税と判断されて、大きな問題になってしまいます。オナクラも営利目的のお店なので、一般の企業と同様に税金を収める必要があります。通常、オナクラのような風俗店では、個人経営の小規模な飲食店のように所得税を収めるより、企業のように法人税を収めたほうが税負担が軽くなります。そこで、オナクラ店では、年度毎に法人税を正しく納税する必要が生じます。この際、納税手続きを代行してくれるのが、税理士です。

オナクラを含め、ほとんどすべての風俗店が法人税を納税するために税理士に依頼しています。税理士に依頼して納税手続きを完了すれば、脱税と判断される危険性はまずありません。ただ、税理士費用をケチり、自力で納税手続きしようとすると大きな危険性が生じます。まず、納税期間には限りがあるので、その間に税務署で手続きしないと、結果として脱税したと看做される可能性が生じます。また、納税手続きには、月次の売上帳や年度末の貸借対照表や損益計算書を提出することがもとめられ、これらが正しく作れていないと、脱税していると判断される余地が生まれます。

オナクラのように収益性の良い風俗店は、税務署のターゲットになりがちです。税務署職員は脱税しているターゲットを探し出し、税金を請求するのを仕事にしているので、収益性の良い風俗店は狙われやすいのです。オナクラの経営者が誠意を持って正しく納税手続きしているつもりでも、税務署のターゲットになってしまうと、納税処理のあら探しをされてしまいます。この際、税理士に依頼しておけば、このような事態を避けられます。というのも、税理士の中には税務署勤務経験のあるベテランも含まれているので、税理士に依頼すれば税務署と良好な関係を築けるのです。