PAGE
TOP
 

風俗専門税理士事務所税理士法人松本人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

オフィシャルサイト

23 view キャバクラ無申告税務会計事務所 キャバクラ 税務会計事務所 無申告
キャバクラ 税務会計事務所 無申告

キャバクラはお酒と会話で男性を持て成すお店です。法的には飲食店という扱いになるので、一般の飲食店と同様に納税手続きが必要です。個人経営の飲食店は所得税を納める場合がありますが、高収入なキャバクラは事業所として登録して法人税を納めるのが一般的です。この法人税は申告納税という形になります。無申告のままでは脱税したと看做されるため、税務会計事務所に依頼して、きちんと申告しなければなりません。

店舗型のキャバクラは、お店の存在が容易に認識されるので税務署の調査対象になります。法人税について申告手続きをしているお店は問題ありませんが、無申告のお店はオープンから2、3年で税務調査のターゲットになります。各地にある税務署の職員は無申告の事業所を探しており、法的には飲食店でも高額の金が動くキャバクラにも目を光らせています。税務調査される危険性を避けるには、税務会計事務所を通して申告する必要があるのです。

税務調査の対象となると、お店の帳簿類が洗いざらい調査されてしまいます。帳簿を作っていなかった、無くしてしまったといったことがあっても、ありのままを調査官に説明した上で調査が行われます。キャバクラは無申告のまま営業することは不可能です。損を避けるためにも税務会計事務所へ依頼して、法人税を正しく申告するよう心がけましょう。