PAGE
TOP
 

風俗専門税理士事務所税理士法人松本人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

オフィシャルサイト

107 view 無申告税理士高級デリヘル 高級デリヘル 税理士 無申告
高級デリヘル 税理士 無申告

税金は誰にも収めたくないものですが、適切に申告して納税しておかないと、後になって大変な目にあってしまいます。特に高級デリヘルのように稼いでいるお店は、税務署の格好のターゲットになります。税務署は十分な稼ぎがあるのに無申告な人物や企業を常に探しています。日々、多額の現金がやり取りされる高級デリヘルで無申告なままのところは、必ず税務調査のターゲットになります。後になって多額な税金が請求されるような事態を避けるためには、適切な税務申告が必要です。税理士に依頼すれば、この税務申告を簡単に済ますことが可能です。

高級デリヘルを経営する場合には、法人税の納税が必要となります。法人税についても申告納税なので、無申告のままで済ませれば、税務署にバレないと思う人もいるかもしれません。しかし、それは甘い考えです。税務署内には専任で脱税者を探す部署があり、風俗店は必ず調査対象となります。お店の名称や経営者の名前から、無申告なケースを税務署員がすぐに把握するので、オープンして無申告なままでいると、2年程度で税務調査が実施されます。税務調査の結果、無申告な期間については概算で計算されて税金が請求されます。適切に申告していた場合よりも多額の税金が請求されるのが普通となっています。

無申告のまま脱税していると、最悪の場合、脱税の罪で逮捕される可能性も生まれます。逮捕されるか、追徴課税や重加算税といった税金のペナルティで済まされるかは脱税額によって左右され、一般に脱税額が1億に達すると多くの場合で逮捕されてしまいます。収益性の良い高級デリヘルだったら、無申告の場合の税負担も大きくなりがちです。そのような事態を避けるためにも、税理士に依頼して適切に申告し、納税しなければならないのです。そんな税理士は風俗店運営のことに詳しい専門家を選ぶことも重要です。