PAGE
TOP
 

風俗専門税理士事務所税理士法人松本人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

オフィシャルサイト

35 view キャバクラ無申告税理士 キャバクラ 税理士 無申告
キャバクラ 税理士 無申告

キャバクラの経営者にとって大きな目標は、お店の収益をあげることです。でも、お店が儲かれば儲かるほど、注意しなければならないものがあります。税金です。キャバクラなどのお店は、営利目的の法人とみなされるので、法人税を納税しなければなりません。この法人税は利益課税なので、お店の経営が赤字にならない限り、かならず毎年納税する義務が生じます。キャバクラ等、多くのナイトワーク系のお店は顧問税理士を雇って、税金については対応しています。でも、この法人税が無申告のままだと非常に大きな問題が生まれます。

この税金問題において力になってくれるのが税理士です。税理士は、本来、お店の経営者が自ら実施すべき税金の申告手続きについて代行する権限を持った専門家です。この税務申告の代行は、会計士と税理士にしかできない独占業務となっており、得意とするのが税理士です。そこで、キャバクラを経営していて、税金の無申告といった納税問題に困った場合、税理士に頼むしか解決策はないのです。税務署にキャバクラの店長が直接出向いて話をしたところで、役人である税務署職員がキャバクラ店のために、具体的な解決策をしてくれるようなことはありません。

税理士にさえ依頼すれば、税金の無申告状態についても問題なく解決してもらえます。基本的には、過去に収めるべきだった税金を正しく収めるという方向になりますが、過年度分の会計帳簿を作成し、そこから利益を算出し、納税額を算出してくれるのです。そうして一度、依頼する税理士を決定すれば、その税理士は顧問税理士としてお店の経営を長く見てくれるようになります。納税問題について頭を悩ます必要もなくなるので、健全に経営しているキャバクラ店のオーナーにとって、顧問税理士は必要不可欠な存在なのです。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

オフィシャルサイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読