PAGE
TOP
 

風俗専門税理士事務所税理士法人松本人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

オフィシャルサイト

28 view オナクラ無申告税理士 オナクラ 税理士 無申告
オナクラ 税理士 無申告

オナクラの経営を担当するオーナーや店長は日々の業務に奔走しています。男性客の応対や、所属女性の管理、新人の面接等に時間が取られ、税務や会計についてしっかり管理できていない場合が多いものです。特に、オナクラ店をオープンさせたばかりの開店時には、税金のことまでは頭は回りません。お店のオープン当初から税理士に依頼していれば、会計や税金については大丈夫ですが、依頼していなければ初年度から税金について無申告のままという可能性もあります。それは危険な状態なので、早急に対策を取る必要があります。

オナクラのような風俗店に限らず、営利目的のお店は、業績に応じて必ず法人税の納税義務が生じます。さらに、店舗の建物や施設については、固定資産税が課税されます。これら税金、特に法人税については申告納税となっており、お店の経営者自らが税務署に申しでて、納税手続きをしなければならないのです。この納税手続きを代行してくれるのが税理士の役割ですが、税理士に依頼せず無申告のままだと、やがて税務署の税務調査対象となってしまいます。その結果、追徴課税や重加算税が科され、本来収めるべき税金以上の金額を収めなければならなくなります。

もし、オナクラの開業当初に無申告でも、税理士に依頼すれば大丈夫です。税金、税務業務のプロである税理士は、無申告期間についてもきちんと会計帳簿を作成し、その分の納税手続きまで行ってくれます。税理士にさえ依頼すれば、税務署から税務検査を受ける心配もありません。税務署から追徴課税を食らって過去の税金が払えないでいると、最悪の場合、裁判所の命令によって強制執行され、お店を手放す危険性すら生じます。そのようなことを避けるためにも、かならず税理士に依頼して、きちんと納税しなければなりません。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

オフィシャルサイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読