PAGE
TOP
 

風俗専門税理士事務所税理士法人松本人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

オフィシャルサイト

110 view キャスト無申告 キャスト 無申告
キャスト 無申告

風俗店の経営者にとって税金問題は重大な問題です。一般の企業と同様に風俗店も法人税を納税しなければなりません。仮に、適切に申告しないと、税務署の税務調査の対象となって、後になって多額の納税義務を負担することになってしまいます。そこで、風俗店を経営するならお店のオープン時から税理士に依頼して、お店の会計を見て貰う必要があります。そして、風俗店のオーナーなら無申告で済ますことのないように、女性キャストの納税についてもアドバイスしてあげたいものです。

風俗店の女性キャストは、一般の企業の従業員のようにお店と雇用関係にはありません。通常の従業員なら、お店はお給料を支払う際に、源泉徴収して女性キャストの所得税をあらかじめ差し引く必要がありますが、風俗店で源泉徴収は必要ありません。そのかわり、女性キャストは確定申告して所得税を納税する必要があるのです。この点について、女性が無知で無申告のまま過ごしてしまうと、あとで税務署から検査されて追徴課税の義務を背負う羽目に陥ってしまいます。

そんな事を避けるためにも、風俗店のオーナーは女性キャストを指導して、確定申告するよう促す必要があるのです。その際、便利なのが、風俗店が契約している顧問税理士に女性キャストの所得税の申告についても任してしまう方法です。税理士は税金の専門家なので法人税だけではなく所得税にも詳しく、きちんと税理士が処理すれば、女性キャストが無申告のまま過ごすことも避けられるのです。