PAGE
TOP
 

風俗専門税理士事務所税理士法人松本人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

オフィシャルサイト

106 view キャバクラ国税税務会計事務所 キャバクラ 税務会計事務所 国税
キャバクラ 税務会計事務所 国税

ナイトワークを代表するキャバクラ店は、お金のやり取りが多いお店です。来店する男性客が支払うサービス料を適切に管理し、そこから女性に対するお給料を支払わなければなりません。また、キャバクラ嬢はお店に雇用されているので、キャバクラ嬢の支払う所得税についても適切に源泉徴収する必要があり、一般の商店、飲食店以上の複雑な会計処理が必要になります。ここで、キャバクラの経理業務を引き受けてくれるのが、税務会計事務所です。税務会計事務所に依頼すれば、国税の納税手続きを適切に実行してくれるので、税金問題についての心配がなくなります。

日々、大きな収益が発生するキャバクラについて、税務署は目を光らせています。法人税のような国税を正しく納税していない場合には、後になって税務検査が実施され、過年度分の税金が一気に請求されてしまいます。また、その際にはペナルティーとして、追徴課税や重加算税が課せられるので、収めるべき税金が1.5倍ほどに膨らんでしまうのです。追徴課税が課されると、キャバクラ経営に大きな影響が生じます。そのような事態を避けるためにも、税務会計事務所へ会計業務を依頼すべきなのです。

そして、キャバクラ店にとって重要なのは、女性キャストのお給料について源泉徴収が必要な事です。一般企業と同様に、女性キャストに課せられる国税である所得税について、キャバクラ店は女性のお給料から源泉徴収すなわち天引きして、女性の代わりに国に収めなければなりません。これについてはノウハウが無いと処理が難しく、プロである税務会計事務所へ依頼して、手続きをお願いしなければならないのです。適切に源泉徴収していない場合には、お店がペナルティを受けてしまうので、女性キャストの所得税についても注意しなければなりません。