PAGE
TOP
 

風俗専門税理士事務所税理士法人松本人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

オフィシャルサイト

21 view ホテヘル無申告税理士 ホテヘル 税理士 無申告
ホテヘル 税理士 無申告

ホテヘルのような風俗店も営利目的の事業体なので、一般の会社と同様に納税の義務を背負います。でも、オーナーの中には、ホテヘルは無店舗型なので税務署にバレない、と思う人もいるかも知れません。でも、それは甘い考えです。税務署は専門の調査官が毎日、無申告な業者を探しているのでやがてバレます。税務署にバレてから手続きしては遅いので、その前に税理士へ依頼しなければなりません。

無申告のまま過ごすと、最悪の場合、脱税の容疑がかかります。脱税額が1億円以上に及ぶ金額だと、法人税法や所得税法違反の容疑でオーナーが逮捕される事態にもなってしまいます。業績が好調なホテヘルであれば、数億円以上の売上となる場合もあるはずです。そんなお店のオーナーが無申告のままでは非常に危険です。逮捕されるのを避けるためにも、税理士へ依頼して適切に納税する必要があります。

また、納税手続きは、たとえホテヘルの業績が赤字でも必要です。赤字の年に適切に申告しておけば、翌年に黒字になったときにその赤字額を繰り越せます。赤字額を利用した節税が可能になりますが、そのためには適切な納税手続きが必要です。赤字だからと無申告にせず、きちんと税理士に依頼して申告すべきなのです。ホテヘルの健全経営のためには、利益の額に関わらず税理士を通して納税手続きをする必要があるのです。