PAGE
TOP
 

風俗専門税理士事務所税理士法人松本人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

オフィシャルサイト

115 view ホテヘル料金税理士 ホテヘル 税理士 料金
ホテヘル 税理士 料金

ホテヘルのような風俗店の経営者は、税金を適切に納税しなければなりません。納税期間に適切に納税しないと、税務署から脱税したと判断されて追徴課税されてしまいます。後で大きな金額を請求されると、お店の経営を左右することになるので、適切な納税が必要となるのです。この際、税務処理を一手に引き受けてくれるのが税理士です。税理士のような士業は、難関な国家資格取得者なので、利用料金が高額なイメージがあります。でも、税理士に限ればそれほど料金は高額ではありません。オープンしたばかりのホテヘルであっても頼める水準なので、料金を心配せずに依頼可能です。

一般に、税理士料金については、納税額に応じてスライドするようになっています。ホテヘルが納税する場合、法人税を納税するのが一般的です。この法人税は利益課税なので、お店の収益が大きければ大きいほど、納税額も大きくなります。逆に、お店の収益がそれほど高くなければ、納税額も少額に留まります。ここで、ホテヘル店の納税額が少額であれば、税理士料金は10万円ほどで済む場合も多くなっています。このレベルの金額であれば、問題とならないはずです。

また、税理士に依頼すれば、節税策についてのアドバイスも受けられます。法人税は利益課税なので、利益を圧縮すれば節税することが可能です。たとえば、利益が多い年に、ホテヘルの送迎車を新規購入し、車にかかる減価償却費を計上すれば利益を圧縮できるようになります。このような節税策により、法人税を抑えられるようになるのです。この節税効果は、収益性の良いお店であればあるほど得られるもので、節税された金額が税理士料金を遥かに上回ることも良くあります。ホテヘルの収益性を向上させるためにも、税理士への依頼は必要です。