PAGE
TOP
 

風俗専門税理士事務所税理士法人松本人気アクセスキーワード一覧

公式サイト

オフィシャルサイト

19 view ホテヘル会計士無申告 ホテヘル 会計士 無申告
ホテヘル 会計士 無申告

確定申告をするのを忘れていたというホテヘルを経営されている方がもしいらっしゃるのであれば、いますぐにでも会計士に相談されることをおすすめします。確定申告を忘れていたという状態は無申告だと見なされてしまいます。税務署は確定申告で売上げを誤魔化す行為よりも無申告をより重く考えていると言われています。売上げを誤魔化す行為があったとしても確定申告をするということは税を納める意志があると見なされますが、無申告は税を納める意志そのものがなかったと見なされるからです。

ホテヘルを経営されている方々のなかには、忙しさなどから確定申告を忘れてしまい、そのままズルズルと無申告状態を続けてしまっている方もいらっしゃるかも知れません。そのような無申告状態のときに税務調査が入ってしまっては大変なことになってしまいます。過去何年間にも遡って税務調査が行われてしまうのです。その税務調査で何か問題が見つかると更に遡って税務調査が行われてしまいます。そのような最悪の事態を避けるためにも、日頃から会計士に税関係の処理は任せてしまうのがいいのかも知れません。

無申告状態だったことが判った場合は、一刻も早く確定申告を行う必要があります。税務調査が入ってからでは何もかもすべてが手遅れとなってしまいます。改めて説明するまでもなく、確定申告には売上げが判る各種の書類、経費が判る各種の書類を用意し、それを帳簿にしてまとめる必要があります。人件費を抑えるため専門の経理担当者を置いていないというホテヘル経営者の方は、毎日の経理業務から会計士に任せてしまうのがいいのかも知れません。確定申告は期日内に行い無申告状態にならなよう心掛けていきましょう。