キャバクラ 税理士 決算業務

    キャバクラ, 決算業務, 税理士

キャバクラ 税理士 決算業務

決算業務は大変です。個人事業主であっても1年間の所得となると凄まじい数の案件について会計処理をこなさなければなりません。セット料金が5,000円のキャバクラが年に1億円稼いだとすれば、件数は20,000件です。要求されるのは簿記の知識だけではなく、損をしないためには税務の知識が必要てす。税理士を使わなければ、申告漏れを指摘されることにもなりかねません。

キャバクラのようにたくさんの従業員を使う商売であればなおさらで、女の子やボーイに支払う給料の処理などは複雑になりがちです。しかし、決算業務の中ではこれを避けて通ることはできず、会計専門のスタッフを雇わなければとても処理することはできないでしょう。そうなると、多少お金が掛かるとしても、何人もの会計チームを雇うよりは、一人の税理士に依頼する方が手間も費用も削減できます

税理士に依頼するメリットは大きく、キャバクラが決算業務の不備で税務署に指導や追徴課税を受けるおそれを減らせるだけでなく、税金の控除手続などもうまく活用し、支払うべき税金額自体を減らすこともできます。特に雇用関係においては補助金や控除を受けられる余地は大きく、税理士を入れることで逆に利益を増やせる可能性すらあります。税理士への相談は経営の効率化に間違いなく役立ちます。